« KETZER | トップページ | お絵かき »

言葉

言葉
SF小説を読みました。

神林長平
言壺(ことつぼ)
ハヤカワ文庫

言葉がテーマのSF小説です。
作者の小説世界に、ぐいぐい引き込まれて
あっという間に読んでしまいました。

エンディングは難解です。

|

« KETZER | トップページ | お絵かき »

コメント

神林さん、新刊ですか?
ほとんど読んでると思いますが最近読書しないので判らなくなりました(^_^;)

いつか雪風を飛ばしたくないですか(^_^;)

投稿: しはん | 2012.03.07 22:03

しはんさん、こん**は。
作品は94年頃に発表されていてます。出版元がハヤカワ文庫になって最近、再出版されているようです。


投稿: ぶん | 2012.03.08 08:07

ドモです。。

神林長平の作品の中でも難解な小説でしたね。。がんばって二度ほど読んだけど難しかった。。私にはやっぱり海賊シリーズや雪風がちょうどいいかも。。
でも、もう一回読んでみようかな。。

投稿: かぁ | 2012.03.08 21:59

かぁさん、こん**は。
かぁさん
Karさん

表記の違いで印象がかわりますね。

言葉ってあまり信用してないんです。人それぞれ感じ方が違うし、表現してもなんかちょっと違う感じがしますし。
でも言葉を使わずに生活できません。
伝わってるだろうと、願って書いてます。話してます。

投稿: ぶん | 2012.03.10 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KETZER | トップページ | お絵かき »