« 海を眺めていた | トップページ | MkⅡ »

塗装って

P_07_0906_01
やまめ工房さんのブログ『やまめ工房の日記』で
ハンドランチグライダーの塗装についての記事がありました。

早速、試してみました。が..。

なかなかキレイに塗れないなぁ。
いつもクリア仕上げのみで、塗膜もうすく仕上げているので、
こんなにも、筆ムラがあるとは気づきませんでした。
う~ん。塗装って難しい。

|

« 海を眺めていた | トップページ | MkⅡ »

コメント

こんにちわ。
早速試されましたね。ん~難しいですね。
色むらはどうしても出てしまいますよね。
紙の場合接着剤が塗ってある部分とそうでない部分の
色の乗りが随分違うようですよね。
下地としてラッカー以外の塗料を塗って均一化を計る方法が
有望ですがそれってルール違反だったでしょうかね。
濃い色だとムラが目立つので薄い色を何回も塗るといくらか
良くなるように思います。
紙の場合気に入った色の紙を始めから使った方が早いかな。

投稿: やまめ工房 | 2007.09.06 07:05

こん**は。
プラモデル用のラッカー系塗料で塗ってみたのですが、
下地がすごーく透けるんですね。
色ムラ、筆ムラが味わいになるような工作なら良い
のですが、紙飛行機のケント紙は均一な質感なので、
ムラは汚く感じてしまいます。
紙飛行機の場合は、素材の質感を活かした塗装が
良さそうです。

投稿: ぶん | 2007.09.06 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海を眺めていた | トップページ | MkⅡ »