« 海の中道海浜公園への道 その3 | トップページ | バルキリー その2 »

飛行写真

F_07_0521_01
デジタル一眼”D40”で紙飛行機の飛行写真を撮っています。
機体を追いかけて、ファインダで捉えて、シャッタを押せば
ある程度の写真は、カメラの性能のおかげでなんとか撮れるように
なりました。

F_07_0521_02
まだまだ修行中なのですが、ボクが飛行写真を撮るときに気を
つけていることを書いてみます。

・飛行機は安定して飛ぶようになるまでは、機体調整に専念します。
 
・飛行中の紙飛行機は小さくて速いので、ファインダをのぞきこんで
 で追うと捉えきれません。
 目線と飛行機の間にカメラを割り込ませるようにすると、
 意外と楽にファインダの中に捉えることができます。

・55-200mmの手ブレ補正付きの望遠レンズ
 シャッタスピードが速いのでほとんど手ブレ補正はOFFです。
 撮影モードはスポーツモード
 ほとんどの設定はデフォルトのままです。

最近気がついたのですが、背景はあったほうが良い感じになると
思います。絞りを上手く使いこなしたいです。

|

« 海の中道海浜公園への道 その3 | トップページ | バルキリー その2 »

コメント

こん**は
アドバイス、ありがとうございます。
ぶんちゃんの写真を見ていると、「やっぱり望遠は必要かな」と、思ってしまいます。
望遠を使うことでで、飛行機にきちんとピントや明るさがあっているんですね。とても参考になりました。
 以前ぶんちゃんが指摘したように、P5000にもテレコンがあります。でもカメラが変えるほどの金額ですし、大きいのでコンデジの利点がなくなってしまうので、いずれ1眼レフを買うときのために軍資金を温存しておいた方が・・・などと考えています^^;。
 また、色々教えてください。

投稿: シマしま | 2007.05.22 21:26

シマしまさん、こん**は。

ワタシもレンズだけで、カメラ本体が購入できてしまう
ほど、高価なものなので躊躇しておりました。
でも、レンズを交換すると、まったく特性の違う写真
が撮れるのを実感して納得しております。

軽量、小型とされている、D40でも
やっぱり一眼は大きく感じます。
ですので、カシオのエクシリムも現役です。

P5000+テレコンの組合せ、どんな感じなのでしょう。
ちょっと興味があります。

投稿: ぶん | 2007.05.23 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海の中道海浜公園への道 その3 | トップページ | バルキリー その2 »