« 切替えて | トップページ | 大島小松川予選 »

わずかだけど

W_06_0616_01
クヨクヨしている暇はないのであります。
まだ2試合あるのです。ようやく、やっと、
しっかり応援しようと思えるようになりました。

がんばれ、サッカー日本代表。

気分が上向いてきたので、ヒコーキの翼にもわずかですが、
新しく工夫を加えてみました。
捻り下げの精度が良くなったっぽいです。

|

« 切替えて | トップページ | 大島小松川予選 »

コメント

はじめまして、以前から拝見させていただきました。
よくできている機体だなぁと思い、私の機体とは大違いです(笑)そこで質問があります。
1、手書きで製作されているようですが、どのようになさっているのですか?

2、主翼の構造はどのようになっているのですか?
教えにくいのであればかまいません。よかったらノウハウなどを教えてください。

投稿: kamumuro | 2006.06.18 13:36

kamumuroさん、こん**わ。
はじめまして。
質問の回答は、スミマセンが、
サッカーの応援の後にさせてください。

投稿: ぶん | 2006.06.18 21:35

対クロアチア戦 0-0 でした。
次のブラジル戦も、応援しよう。
厳しいけど。

kamumuroさんからの質問の回答です。

1.製図について
  定規とシャ-プペンで、数機分、まとめて作図して
  製作しております。だから直線構成の機体なんですねぇ。

2.主翼の構造について
  ホワイトウィングスのような、ケント紙2枚を重ねた
  薄翼の構造です。翼長が長いので、ケント紙は厚め
  270K(ケナフ)+200K(カラー)を使用して
  おります。
  

投稿: ぶん | 2006.06.19 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 切替えて | トップページ | 大島小松川予選 »