« 対地攻撃が苦手 | トップページ | バルサ色 »

紙製胴体

W_06_0401_01
競技会向けに、つくりました。

紙製胴体。

今まで競技会向けには、三角胴を採用していましたが、
ヒノキ胴で慣れているデザインに統一することにしました。
主翼着脱の方法も一緒です。

紙を何枚も積層するのは大変なので、イラストボードを
AGケントでサンドイッチにした積層胴体を採用しました。
胴体の仕上がりの厚みは、2mm程度です。

当然のことですが、ヒノキ胴と紙製胴を比較すると、
強度が落ち、重量が増します。(涙)

強度:ヒノキ胴>紙積層胴
重量:ヒノキ胴<紙積層胴

投げ損じて地面に突き刺さっても、ある程度は耐えられるかなぁ。
耐えてほしいなぁ。

|

« 対地攻撃が苦手 | トップページ | バルサ色 »

コメント

これはいい! 製作工数が大幅に削減ですね.
紙飛行機に限らず,翼を作るのは楽しいのですが胴体になると突然気乗りしなくなってしまいます.作っていて楽しかったのは,紙の三角胴の展開図をB4半分に押し込める工夫をしていたときと,RCHLGでグラス胴の型抜きに挑戦したときくらいかな.
テスト結果(特に“対地攻撃”耐性)を楽しみにしてます.

投稿: さかした | 2006.04.03 02:08

さかしたさん、こん**わ。
飛行試験が済みましたら、またご報告いたします。
対地耐性は、あまり期待できないかもしれません。生産性の良さでカバーできるかなぁ。

投稿: ぶん | 2006.04.03 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 対地攻撃が苦手 | トップページ | バルサ色 »