« 巨像コワイぉ | トップページ | ぶんと巨像 »

オモリは

p_05_1104_01
紙ヒコーキを本格的にはじめた頃は、
オモリは少ないほうが良いと思い込んでいました。
実際に飛ばしてみるとわかるのですが、オモリって結構多め
に必要なのであります。
機体重量が大きくなってしまうことに気を捕らわれすぎない
ことが重要と考えます。

|

« 巨像コワイぉ | トップページ | ぶんと巨像 »

コメント

同感です
最初はどんどん重りを軽くしたものです
機体としてバランスが崩れるくらい軽くしちゃってたころって、タイムもロスしてたなあと・・
ね!

投稿: かみきち | 2005.11.04 23:37

かみきちさん、まいど。
調整が決まらず、悩み続けたことがあります。
解決の方法はオモリを追加すること、なんてことが度々ありますね。

投稿: ぶん | 2005.11.05 08:06

私もまったく同じです。
ゴムでジャパンカップ最初の挑戦の02年が2.8g、03年と04年が3.2g、05年は3.3gと毎年体重増加をしています。
02年は明らかに重心位置が後ろ過ぎました。03年以降以降の体重増加は主に構造強化の影響ですが、錘の重量も毎年15パーセントずつ増加しています。といっても0.1gと違わないのですけど・・
今回試した機体のコンセプトが錘の増量でしたのでトラックバックさせてもらいました。

投稿: シマしま | 2005.11.05 22:11

従来は、重心位置はあらかじめ与えられているもの(主翼の前縁から○○%)と思い込んでいましたが、自分で設計をしてみると重心の最適位置を見つけるのに苦労します。
私の場合、まず上昇を水平尾翼の調整で決めた後、滑空を見ながら錘を足したり引いたりして最適位置を見つけるようにしてます。
これは、名古屋のO崎さんに教わった方法です。

投稿: TAT | 2005.11.05 22:32

スウィングガールス観ています。
面白いっすねぇ。

なんか、こう、写真、かっこいいですねぇ。

皆さん真面目にオモリの話なのにズレてますねぇ。

投稿: 毛利 | 2005.11.05 23:00

みなさま、こん**わ。ぶんです。
まとめレスで失礼致します。

シマしまさん
カタパルト機はシビアですねー。ワシが競技で飛ばす機体は
15~16gもあります。

TATさん
滑空の良い機体は不思議と、上昇も返りも良いような気がします。
そんな気がするだけかもしれませんが。

毛利さん
『スウィングガールズ』いい映画ですよね。(^-^)
ワシも放送みてました。ワシは映画館で7回観ました。

投稿: ぶん | 2005.11.05 23:36

・・・ガールズ
いろんな機会のすべてに行き違ってしまい
まだ見れずにいます
今回も見れなかった。
くそ~

投稿: かみきち | 2005.11.06 22:43

かみきちさん、こん**わ。
スウィングガールズ、DVDもありますから、
機会がありましたらぜひみてください。
ご家族そろって、鑑賞されることをお勧めいたします。

投稿: ぶん | 2005.11.07 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 巨像コワイぉ | トップページ | ぶんと巨像 »