« 夏は終わったか | トップページ | 曇り空でしたが »

読んでみました7

b_05_0823_01
正確には読んでいるところです。

神林長平 著
魂の駆動体
ハヤカワ文庫

登場人物達が、自分のためだけに自分の『クルマ』を設計
しています。どんな結末になるか楽しみです。
読んでいて感じたのですが、

ワシが紙ヒコーキでしていることに近いなぁ。

一般には理解され難いでしょう。でも、ヒコーキにワシの
魂が入っていることは間違いないです。
性能がいいとか、悪いとか、あまり関係ないです。

|

« 夏は終わったか | トップページ | 曇り空でしたが »

コメント

こんにちは、先日はようこそお越しくださいました。コメント返しでございます。
神林長平といえば雪風と黒猫は以前読んだことありますが、ご紹介の本作はまだないです。面白かったら教えてください~。

投稿: 各務 | 2005.08.23 20:00

各務さん。こん**わ。
まだ読んでいる途中なのですが、クルマを
設計中の2人の会話だけでも面白く読めます。
今、物語の中盤で、大きくお話が変化して
ちょっと戸惑っています。でも神林作品。
グイグイ物語に引き込まれます。

投稿: ぶん | 2005.08.23 22:38

こんばんは。
もう読了された頃ですか?
神林ワールド惹きこまれますよね。
と言っても私は最近ラジェンドラや、マヘル・シャラル・ハシ・バスやらが出てくるような、お気楽なのばかり読み返しています。
いよいよ、明日になりました。発売日。
何だカンダと思うところはありますが、やっぱり楽しみ早くみたいです。。。。雪風

投稿: kar | 2005.08.25 20:08

Karさん、こん**わ。
読み終わりました。”モノつくり”は素晴らしいなぁ。
と感じさせる作品でした。
文章も簡潔で、やっぱり神林作品は、良いなぁ。

投稿: ぶん | 2005.08.26 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏は終わったか | トップページ | 曇り空でしたが »