« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

ノリノリで

w_05_0528_01
またつくってます。
ロストしてしまったぶんを取戻すために。
工作を淡々と進めるために、作業マシンと化すためにBGMが
必要です。電子音が聴きたくなったので選曲はコレ。

電気グルーヴ X スチャダラパー
トワイライト

爽やか電子音。

MP3とWMA聴きくらべたりしながら、つくっているので
作業は捗りません。ダメじゃん。>ワシ

| | コメント (0)

少し焼けました

f_05_0526_01
確認、評価中だった試作型の胴体機をロストしました。
調整中に、樹上にロストしてしまいました。不覚。

またつくります。

もう帰りたい気分でしたが、従来型の胴体で飛ばしてきました。
本日のコンディションは風向きがコロコロ変わり、目測を誤り
木に掛かってばかりでした。
飛ばしている時間よりも回収にかかる時間が上回っていました。

紫外線が強いです。少し焼けました。

| | コメント (0)

偵察するといいよ

d_05_0525_01
買い物があるわけでもないのに、量販店の売り場を
ウロウロするのが好きです。
携帯はどんなのがでてるのか。
デジカメはどんなのが流行りなのか...。
お買い得品はないかと、偵察するのであります。

最近の成果は『アポロ13』のDVDがお買い得品でした。

みんなも偵察するといいよ。

| | コメント (0)

胴体のスタイル その2

p_05_0525_01
何回か飛ばしてみて、扱い方になれてきました。
思いっきり地面に叩き付けたり、スパイラルダイブをさせたり
はしていないのですが、強度的な心配は不要のようです。

胴体の材料はヒノキ材を使用しています。
DIYのお店で購入してきます。

 ・従来型は 2mm厚 10mm幅 900mm長
 ・試作型は 2mm厚 10mm幅 900mm長
         2mm厚  5mm幅 900mm長

お店に行って気が付いたのですが、5mm幅の細さでは、
簡単にそってしまう様です。まっすぐなものが少ないです。
いい材料を確保するのがちょっと難しいです。

| | コメント (0)

奇遇ですねー

p_05_0522_01
お。奇遇ですねー。

写真の機体は、Hさんの飛行機です。(手はワシ)
ワシの機体とあわせて見てください。製作者の考え方とか、
こだわりが感じられて面白いです。

| | コメント (2)

読んでみました6

b_05_0519_01
お勧めしたいマンガがあります。

幸村 誠
プラネテス 第1巻~第4巻
モーニングKC 講談社

宇宙飛行士という職業が、一般的な職業となるちょっと
未来の物語です。ワシは本屋でこの表紙を見ただけで、
3巻まで一気買いしました。(当時は3巻までだった。)

| | コメント (0)

飛ばしてみたよ

pic_0077.jpg
本日お休みでございます。早速飛ばしてみました。
性能的には今までと同じように感じます。
今までの機体と較べて、良くなったと感じたのは、
滑空中のロール安定です。
フラフラが少なくなりました。

| | コメント (3)

胴体のスタイル

p_05_0515_01
胴体を試作してみました。
ISHIYAMA機が採用しているスタイルです。

アトリエGITANES

主翼、尾翼はいつもの『vapor』です。サクッと製作できる
ところが紙ヒコーキのいいところです。

今日はなんだか、寒かったです。鼻水じゅる。

記事を追記しました。(2005.05.17)

続きを読む "胴体のスタイル"

| | コメント (5)

おなじ白でも その2

p_05_0514_01
完成から1週間ほど経過して、ようやくラッカ臭が消えました。
いま飛ばすと、きっとよく飛ぶに違いない...妄想。

以前は完成直後の機体が、狂いも少なく飛ばしやすいと考え
ていましたが、乾燥させることを考えると試合の1週間くらい
前に、完成させておくのが良さそうです。

| | コメント (2)

旋回の調整

f_05_0512_01
右投げ発進するので、旋回の調整は左旋回です。
定常滑空時にややピッチングの傾向が残るくらいにエレベータ
を調整して、旋回はラダーで調整しています。

以前はスタビチルト(水平尾翼を傾ける)で旋回させていまし
たが、今はほとんどラダーで調整しています。
ピッチング傾向を残すことで、調整にゆとりができます。

旋回飛行中のvapor#73、左バンクしているのが確認できます。

| | コメント (2)

続・どっちの尾翼ショウ

p_05_0509_01
以前、垂直尾翼の形式はどちらが良いのか悩んでます。
という記事を書きました。

どっちの尾翼ショウ

最近、下向きの垂直尾翼が好きになってきました。
どちらでもよく飛んでくれればいいのですが...。

気になることに某テレビ番組で、ワシが選択する料理が、
かなり高い確率で負けています。ワシの選択している
尾翼形式はもしかしたら負け組かもしれません。(^ー^;)

| | コメント (0)

よく遊んだ

f_05_0508_01
第45回木村杯紙ヒコーキ大会に参加してきました。
スペアの機体製作が、当日の3時までかかってしまい
寝不足の状態で会場の武蔵野中央公園へ。

遠方から参加の方々と挨拶をしつつ、まだラッカ臭のする機体
の調整をはじめました。
急ごしらえの機体は、がんばって飛んでくれました。
もっと事前に準備しようね。>ぶんちゃん

以下、ハンドランチ部門結果

続きを読む "よく遊んだ"

| | コメント (6)

おなじ白でも

p_05_0507_01
木村杯に向けて、機体を製作中です。(vapor#76)
機体の色はケント紙の「白色」なのですが、部品ごとに
ケント紙をかえて製作しているので、クリーム色っぽい白と
純白と、2色使いです。

胴体......AHケント      200K
主翼......ケナフケント    270K
         カラーケント(黒) 200K
尾翼......ケナフケント    225K
機種カバー..AGケント

頑張ってあと、もう1機つくれるかなぁ。

| | コメント (3)

新車購入その2

t_05_0503_01
やっと乗ることができました。以前、乗っていた小径車と
とほぼ同様の感覚で乗ることができました。
でも新車は抵抗が少ない。ペダルを止めても、どこまでも
進んで行くように感じます。

| | コメント (0)

KUBRICK Ma.k.

p_05_0503_01
おもちゃスーパー『トイザらス』でゲットしてきました。
すごーい。カワイカッコイイ。

わかるかなー。わかんねーだろうなぁ。イエーイ。

| | コメント (5)

ストリーマ

t_05_0415_03
紙ヒコーキをよく飛ばすためには、気流を読んで、いい気流の
時に飛ばす。コレに尽きると思います。

いい気流ってどんな時、どんな状態になればいいの?
飛ばす前にその状態を見極めるのは大変難しいです。

気流(風)は目には見えません。
風が体にあたる。木や草にあたって、ゆれることで、風を
感じます。ストリーマを使うと、気流を視覚化できます。

ストリーマの状態、気温、など様々な手がかりをもとに、
いい気流を推測して飛ばします。

| | コメント (3)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »