« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

うお〜っ

パソコン完全に壊れた。覚悟を決めて再フォーマットしたけどダメでした。パソコンなんか嫌いだ。

| | コメント (4)

ヨ式紙ヒコーキ(飛行)

plane0727_01.jpg
切り折り紙ヒコーキの傑作機”吉田式切り折り紙ヒコーキ”です。
ワシは略して”ヨ式紙ヒコーキ”と呼んでおります。
ハガキ1枚の大きさの紙とホチキスがあればすぐにできます。
写真の機体はカタパルト射出に耐えられるよう、一部ケント紙の
補強部品を追加しております。

| | コメント (0)

ツルツルザラザラその2

plane0725_01.jpg
主翼表面がザラザラの機体を飛ばしてきました。従来のツルツル
の翼との違いは感じられませんでした。
このくらいの凸凹は紙ヒコーキの飛行にはあまり影響がないよう
に思われます。ザラザラ加減がこの写真で伝わるでしょうか。

武蔵野中央公園でいろいろ写真を撮ったのですが、パソコンに取り
込む際誤って消去してしまいました。(泣)

| | コメント (4)

武蔵野予選

もうすぐ、はじまります。すごく暑いです。pic_0184.jpg

| | コメント (2)

フォッケウルフ

plane0721_01.jpg
すごいでしょ!この紙ヒコーキ!(ウソ)
昔つくったプラモデルです。いやー粗いなぁ。
お粗末でした。(^_^;)

| | コメント (2)

新型機?

plane0720_01.jpg
昨年の夏につくったはいいけど、飛ばしかたが難しくて放り
だしていたV尾翼機です。またこのV尾翼機を飛ばしてみたく
なり、今日飛ばしてきました。う~んやっぱり難しい。

| | コメント (0)

ビルド&ロスト

tool0717_01.jpg
休みの日にヒコーキを飛ばすために、仕事が終わってから、
寝るまでの時間をヒコーキ製作に充てているわけです。
製作している時間も楽しいのですが、失うのがはやすぎると正直
ツライものがあります。でも紙ヒコーキ飛行家たるもの、ビシビシ
製作するのであります。ほら1機できた!。61機目。

| | コメント (0)

13年前のある日

bun911215_03.jpg
紙ヒコーキしております。
楽しそうだねぇ。ちみぃ。
でもそのジージャンはないと思うよ。

| | コメント (2)

ツルツルザラザラ

紙ヒコーキの主翼表面はツルツルがよいのでしょうか?
ザラザラがよいのでしょうか?あまり関係ないのでしょうか?

今回、”パミス”という紙をつかって主翼をつくってみました。
繊維の方向にエンボス加工のようなスジが入った紙です。
以前試したときは、あまり差を感じませんでしたが、再度
確認してみようと思ってつくりました。
work0715_01.jpg

| | コメント (0)

届きました!

book0714_01.jpg
”模型航空機の基礎”届きました。
横書きは右から読むんだ!歴史を感じます。
漢字にはふりがながふってありますが、この通りに発音していたの
かな?模型飛行家の先輩たちはこの本で勉強したんだなぁ。

| | コメント (1)

カッコエエ

plane0711_01.jpg
更新が滞っておりますが、元気にやっております。
コンビニでみつけちゃいました。
ワールドウィングスミュージアム。く~っカッコエエ。

| | コメント (0)

サーマルゲット!

f_0703_02.jpg
サーマルの中を旋回飛行中でございます。いいなぁ。
このヒコーキは、松田さんの機体です。
発進から2分19秒後に無事回収されました。

| | コメント (2)

垂直尾翼を..その2

面積を少し増やした機体を飛ばしてみました。
結論はこのくらいは必要。上昇も安定しました。
っていうか今までの垂直尾翼が小さいだけか!
pic_0177.jpg

| | コメント (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »