トップページ | 2004年1月 »

2003年の反省

pplane1224_02.JPG
歳をかさねるほどに、時が過ぎるのが早く感じます。
そんなこんなで2003年も、もうすぐ終わろうとしています。
今年は木村杯の優勝もできたし、ジャパンカップ
(紙飛行機の全国大会)にも出場できたし、7:3くらいで
なかなか良い年だったかな。

| | コメント (0)

快晴じゃったぁ

pplane1224_01.JPG
ぶんちゃんが休日の日は天気が悪かったのですが、今日はすごく
いい天気。しかもほとんど無風。ときどき弱いサーマルもあって
ヒコーキをなくすことなく、楽しく飛ばすことができました。

| | コメント (2)

太陽が低いのか

pplane1221_01.JPG
紙ヒコーキを飛ばすようになると、普段見逃している些細なことに
気がつくようになります。風や天気はもちろん、太陽のありがたさ
も感じることができます。影がずいぶんと長くなっていることにも
気がつきました。

| | コメント (2)

パーツごとにつくります

work1216_01.JPG
ぶんちゃんの紙ヒコーキは、つくり始めから完成まで一気には
つくりません。パーツごとにつくります。
今日は胴体の日と決めると胴体だけ3~4機分つくります。
今日は主翼の日と決めると主翼だけ4機分つくります。
そして、気合の充実した日にヒコーキとして1機仕上げます。

| | コメント (0)

お気に入りアイテム つづき

tool1216_02.JPG
このサングラスのいいところは、眼鏡仕様のサングラスなのです。
普通のメガネスタイルでもよかったのですが、こんなヤツが
欲しかったのです。パカッ!

| | コメント (4)

お気に入りアイテム

tool1216_01.JPG
他の様々なホビーと比べて、紙ヒコーキはお金のあまりかからない
ホビーだと思います。
そこでちょっとだけホビーに使うアイテムに贅沢をしてみました。
紫外線の強い季節には必要なサングラスです。
カッコイイでしょ。

| | コメント (0)

2moさんのWEBLOG

ぶんちゃんにWEBLOGを勧めてくれた、2moさんの
WEBLOGにトラックバックしちゃいます。
2moさんも、ぶんちゃんと同じヒコーキ大好き兄ちゃんです。
RCHLGや鳥人間滑空機でも活躍中。
2mo’s hobby blog

| | コメント (1)

どっちの尾翼ショウ

planes1213_01.jpg
ヒコーキの尾翼の形式には何種類かあるのですが、ぶんちゃんの
場合写真のどちらにしようか、いつも迷います。
右側は双垂直尾翼 左側が一般的な垂直尾翼。
6:4で双垂直尾翼を選択なのですが、時々一枚の垂直尾翼が、
カッコ良く見えることも。

| | コメント (3)

いつでもよく飛ぶ訳では

vapor1205_01.JPG
紙ヒコーキはいつでもよく飛ぶ訳ではありません。天候の良し悪しが、
大きく影響します。公園を吹き抜ける風を想像しながら飛ばします。
よく飛ばないことのほうが多いのですが、イメージ通りの気流にめぐり
あってよく飛ぶと、自分が飛んでいるようにうれしくなります。

| | コメント (4)

投げてます。

plane030118_2.JPG
投げる時はこんな感じで”やーっ!”と投げます。
グーンと上昇して、ピタッと滑空に入ると、気分がスカッとします。

| | コメント (2)

こんなヒコーキを飛ばしています その2

planes1203_02.JPG
写真から機体の大きさがわかりませんよね。全長:270ミリ
 翼幅:265ミリ(上反角あり) 重量:12グラム
胴体はヒノキ材2ミリ厚 翼はケント紙
機首には板オモリを両面テープで貼付けています。
機体を格納、搬送しやすいように主翼と胴体を分離できるようにしました。

| | コメント (2)

こんなヒコーキを飛ばしてます

planes1203_01.JPG
ぶんちゃんが、どんなヒコーキを飛ばしているかご紹介します。
模型飛行機の世界では”ハンドランチグライダー”と呼ばれているヒコーキです。
これを自分の腕で投げあげて飛ばします。通常20~30秒くらい飛ぶのですが、
上昇気流(サーマル)をうまくつかむと1分2分それ以上飛びます。
そして回収不可になってしまうことも...

| | コメント (2)

飛んでるー

vapor1027.JPG
紙ヒコーキという言葉のイメージよりもよく飛びます。どちらかといえば模型ヒコーキといったほうがいいかもしれません。

| | コメント (2)

紙ヒコーキ大好き

bun01.JPG
紙ヒコーキをつくって、飛ばすのが大好きな”ぶんちゃん”のWebLogです。
いろいろ書きたいことがあるのですが何から書いてよいやら...
ですので、非常に思いつき、で書いていこうと思っております。

| | コメント (0)

トップページ | 2004年1月 »